霊園の選び方を伝授|宗教を把握しておこう

時代に合ったお墓選び

解消できるサービスがある

手を合わせる人

今の日本では少子化や高齢化の問題からお墓事情も変わってきているようです。昔は先祖代々のお墓を守っていくのが当たり前でした。しかし、少子化によりお墓の後継者がいない、子供が都会に出てしまいお墓を守るのが困難になるなどの問題が発生しています。この問題を解消できるのが、神奈川などにある霊園が提供している永代供養です。永代供養とは、霊園が親族などに代わり遺骨を供養をしてくれるというものです。最近では、様々な問題からこの永代供養を利用する人が増えているようです。神奈川にある霊園で永代供養を利用するメリットが、家族にお墓の管理をしてもらう必要がないという点です。お寺にお墓を建てるには檀家に入る必要もあり、お墓を管理するのもお金が必要になります。また、新たにお墓を建てるとなるとさらに多くのお金が必要です。子供には負担をかけたくないと永代供養を考える人が多いようです。また、最近では子供が都会に出てしまい、お墓の継承者がいなくなってしまう問題が増えています。この場合では、墓じまいをしてしまい、永代供養の利用を考える人もいるようです。神奈川にある霊園では生前予約も可能です。生前に墓じまいをして生前予約をしておくことで子供に余計な心配をかけることもありません。このように、神奈川の霊園で永代供養を利用することには色々なメリットがあります。子供に自分のことで余計な負担をかけたくないと考えている人は永代供養の利用を考えてみてはいかがでしょうか。

普通のお墓と永代供養

ウーマン

生活スタイルの変化により、多くの人がお墓について「後継ぎがいない」という悩みを抱えています。そのため、先祖代々のお墓を墓じまいし、後継ぎの必要ない永代供養墓を選ぶ人が増えています。しかし、永代供養墓を探して色々な霊園を検討しているうちに「やっぱり普通の石のお墓が良い」と考える人は少なくありません。普通のお墓を求める気持ちと、後継ぎがいないことへの不安の間で迷っている人はたくさんいるのです。そんな人におすすめなのが、神奈川の霊園です。神奈川の霊園の多くは普通のお墓がメインですが、普通のお墓に永代供養が付いたお墓が用意されているところが増えているからです。永代供養が付いた普通のお墓には、使用期限が決められているものとそうでないものがあります。前者は、30年や50年など任意の年数の管理費を先に納めることで、その期限内は普通のお墓として使えます。そして、期限がきたら霊園側で墓じまいをし、遺骨は他の人と一緒に土に還る合葬墓へ移して永代供養されます。大抵の場合は、使用期限の延長が可能です。期限が決められていないものでしたら、普通のお墓と同じように毎年管理料を支払います。そして、管理料を払う人がいなくなったとき、つまりお墓を守る人がいなくなったときに、やはり霊園が墓じまいをして永代供養へ移します。こうした神奈川の霊園でしたら、後継ぎの心配をせずに普通のお墓が持てます。永代供養付きだからといって、価格が特別高いわけでもありません。むしろ、夫婦2人だけで使うタイプなどは墓石もコンパクトに作られているため、リーズナブルな価格で購入できることが多いです。神奈川や近隣エリアでお墓を考えているようでしたら、こうした霊園も選択肢になるでしょう。

一都三県からアクセス良好

花

神奈川は県内全域にたくさんの霊園があり、いずれも人気が高くなっています。人気の大きな理由として、お墓参りのしやすさが挙げられます。お墓参りのしやすさには、霊園までのアクセスの良さと霊園内の設備・環境の2つの要因があります。神奈川の霊園は両方を兼ね備えているところが多いのですが、特にアクセスの良さのため、神奈川県外からも人気です。神奈川は周辺の一都三県からのアクセス良好な立地です。JRを使えば東京都内はもちろん、埼玉や静岡からも直通で来られます。グリーン車を利用すれば、少しの割増料金で快適に移動可能です。京急線や東急線、小田急線、横浜線といった数々の鉄道路線を使うことで、23区からだけでなく八王子や町田といった都下からもアクセスしやすくなっています。交通の便の良さは電車だけではありません。東京湾を横断する地下道路のアクアラインがありますので、千葉からもアクセスしやすいのです。このように、神奈川は電車・車ともに交通の便が良くなっています。特に電車での通いやすさは、高齢になってからのお墓参りを考えると重視したい点です。また、駅から近い霊園やバスやタクシーを使ってすぐという霊園も多いため、駅から歩く時間が短くてすむというのも人気のポイントと言えます。お盆とお彼岸、命日といった年に数回のお墓参りでしたら、多少距離があってもアクセスが良いところなら大丈夫ということで、県内だけでなく県外からも神奈川の霊園を選ぶ人は少なくありません。