永代供養が整った霊園の選び方を伝授|宗教を把握しておこう

宗教や宗派との関係

無宗教でも入れる

レディ

神奈川には多くの霊園があり、そのタイプも様々です。霊園というと何らかの宗教や宗派に属しているところでないといけないと思っている人も多くいますが、実はそういったところばかりではありません。そうした宗教や宗派を重んじた霊園とは、お寺にある霊園のことです。お寺にあるところを利用するためには、そのお寺の檀家となり、時々の法要や行事に参加したりして深いつきあいをする必要がでてきます。人の移動が少なかった一昔前まではこのタイプの霊園が一般的で、神奈川でもそうしたタイプがメインでした。ですが、人の移動が多くなり必ずしも故郷にお墓を持つとは限らなくなった昨今では、別のタイプの霊園が増えてきています。宗教や宗派を問わずに入れるところには、公営墓地、民間墓地、納骨堂などがあります。これらはいずれも神奈川にあり、基本的に宗教や宗派を問いません。公営墓地はその名の通り公営のもので、お墓の種類を選んだり雰囲気にこだわったりすることはできませんが安いのがメリットです。一昔前までは身よりのない人が入るイメージがありましたが、近年は安さから多くの人が利用しています。民間墓地は雰囲気が使い勝手がよく、魅力的なところが多いものです。神奈川ではこのタイプが増えてきています。やや高めですが自由なお墓にしたい人や雰囲気のよいところがいい人にはおすすめです。納骨堂は最も新しいタイプで、お墓を持たずに遺骨を共同でおさめるものです。都市部に増えている新しいお参りの形です。宗教や宗派にこだわらなければ選択肢は広がりますが、それぞれ一長一短あるので注意しましょう。

愛される場所を選ぼう

空

以前の墓地の印象とは異なり、霊園はまるで庭園や公園に足を運んだように綺麗に管理されています。神奈川県の霊園はガーデニング墓地や芝生墓地と呼ばれることもあり、以前よりも墓参りに来る人の数も増えるほどになっています。自分が眠る場所も親族から愛される定期的に集まりやすい場所を望むならば、生前に霊園を探してみるのも良いでしょう。最近では終活と呼ばれ、自分の最期を綺麗にしておきたいと考える人も増えています。神奈川県の霊園では、宗派により墓石を建てられない場合もありますが、宗派不問の民営墓地も多数あります。生前に購入する場合には亡くなった後の承継者が必要です。承継者は費用として永代使用料や管理料を支払うことで、業者が周囲の清掃や環境を常時整えてくれます。通常、神奈川県の大規模の霊園の場合地盤は整えられていますが、墓石を立てる際には墓石の重さで地盤が沈まないようにしっかりとした地ならしが必要で、水はけの良い土壌が好ましいとされています。また、建てる際には立地条件を考えておく必要があります。親族が定期的に来てもらうためには交通の便の良さが大切です。故人のゆかりの地であっても、人里離れた場所だとなかなか出向いてもらえません。駐車場が完備されていたり、電車で行きやすい場所だとより良いでしょう。中には休憩所や集会スペースが完備されている神奈川県の霊園もあるので、さまざまな場所を探してみましょう。

様々なプランがある

お墓

「将来お墓を守る人がいない」「子供らには自分のお墓の負担をかけたくない」など、少子化や家族形態の社会的な変化で、最近はお墓のあり方も昔と比べて変ってきています。神奈川は地方から出てきて住み着いている方も多いので、故郷にあるお墓をどうするのかはきっと身近な問題のはずです。故郷のお墓から自分が住んでいる神奈川の霊園や寺院に遺骨を移す事を考えている方も多いと思います。では、霊園や寺院にお墓を建てるとなると、その費用と相場は一体どれくらいのものになるのでしょうか。新しくお墓を建てるとなると、永代使用料(土地代)、墓石代と工事費、管理費などが必要となってきます。これらの総額は地域によって差があり、神奈川県だと永代使用料の相場は一区画で約40〜60万円となっています。墓石はピンからキリまでありますが彫刻・施工費を含んで約100〜300万円が相場となっています。墓地の維持管理費は霊園やお墓の広さによって違ってきますが数千円〜1万円が相場となっています。故郷のお墓を他の霊園や寺院に移す事を「改葬」と呼びますが、改葬する場合はこの費用も見越しておく必要があります。一方、自分の墓は持たないで、他の人と一緒に納骨堂やお墓に安置される、永代供養墓を選ぶ方が神奈川など都会でも増えてきています。永代供養墓は霊園や寺院が供養やすべての管理をしてくれるため、お墓の跡継ぎがいない方などに評判が高いお墓の形式です。一般にお墓を持つ事と比べ、他の人と共同使用になるので費用はぐんと安く、神奈川県においても数万円のプランから用意されています。夫婦で入れる個別型でも数十万円代で用意されている霊園もあります。